五十肩の治療をするなら

五十肩になると一定の方向に腕が上がらなくなって、生活に支障が出てきます。無理に動かそうとすると痛みが出てしまいますし、逆に動かさないで固定しているとさらに動かせる範囲が狭まってしまいます。自己流で治すのは難しいです。放置してしまうと夜に痛みがひどくなり、鎮痛剤も効かなくなってしまい、眠れなくなって全体のパフォーマンスが下がるという悪循環に陥ってしまいます。
さいたま市浦和で五十肩で悩んでいるのであれば、整体や整骨院に行って一度みてもらうといいでしょう。全体をみながら施術をすることで、痛みを緩和して可動域を広げていきます。
五十肩は放置しておく期間が長いほど症状が悪化しやすいので、できるだけ早くみてもらうことが大切です。病名のせいで誤解しやすいですが五十肩は50歳以上の人だけがなるものではありません。スポーツ選手にも多いですし、早い人だと30歳くらいで発症することもあります。適切な治療を受けることで痛みを緩和することが可能です。
整体などの施術はバキバキされるイメージがあって痛そうですが、最近では体の緊張をほぐしていくことで痛みを緩和させる方法が取り入れられています。ソフト整体という通常よりもソフトな方法の施術もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です