産後の骨盤矯正は整骨院で受ける

長い月日を不自由な身体で過ごした上で迎える出産は一つの大きな区切りになりますが、実際は産後のほうが大変に感じたという嘆きを整体に訴える方は多いです。
その理由は、体重は妊娠前に戻すことができたものの、腰痛や肩こりが続いてしまうようになり、以前より辛いという症状に悩まされる事例が多いためです。
腰痛に限らず、肩こりまで引き起こされるということは全身に影響が出ている証拠ですが、裏付けるように根本的な要因は骨盤の歪みにあります。
そのため、現在では明らかな不調を感じている場合はもちろん、現時点では特別な変化が無いという方でも産後の骨盤矯正を目的として、さいたま市や浦和市の整体にお世話になる方が増加しています。
整骨院にお世話になると不調がすっかりと良くなるものの、再び施術が必要になるような仕草や姿勢をしてしまうと再度産後の骨盤矯正の必要性が出てしまうので、女性が行いがちな横座りやソファや椅子に着座した際に足を組むのはやめましょう。
また、産後の骨盤矯正のために整体に通院しているという安心感から気が緩みがちになることもありますが、出産後3ヶ月までに悪い姿勢で過ごすことが多いと尚更変調が進行してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です