筋肉痛がある時には無理は禁物です

筋肉トレーニングや風邪による咳などで普段使わない筋肉に急激な負荷を与えた場合、筋が切れてそこが筋肉痛となって現れます。筋肉はそれを修復することで更に強くなりますから、1度筋肉を壊さないと強い筋を作ることが出来ないのです。ですから筋力アップするのはこの筋肉痛がつきものなのですが、痛みを伴っている場合は更に負荷をかけてはいけません。痛みが出たら、翌日は筋肉トレーニングはやめておきましょう。再生するのに48時間ほど必要ですから、激しいワークアウトは二日に一度くらいが丁度いいのです。あまり休ませずにトレーニングを繰り返しても効果は出ませんから気をつけなければなりません。なお、痛みがある時にはそこを冷やす、つまりアイシングをしましょう。痛みを伝える神経をマヒさせて痛みを緩和してくれます。そして痛みが治まったあとは、今度は温熱療法で温めることが効果的です。いつまでもある筋肉痛を早く治すためには、温めて血流をよくするのが即効性のある方法なのです。また温めのお湯につかって軽くマッサージをするのも効果的ですが、マッサージが強くなるとかえって損傷を広げてしまいかねませんから、あくまでも軽いマッサージを心がけましょう。

浦和の交通事故治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です